MENU

Hカップの高級巨乳痴女が完全着衣で男を弄ぶハイレグスイートルーム 本真ゆり

  • URLをコピーしました!

作品詳細

タイトル
Hカップの高級巨乳痴女が完全着衣で男を弄ぶハイレグスイートルーム 本真ゆり
再生時間
133分
ジャンル
脚フェチ, 巨乳, 尻フェチ, 単体作品, 痴女, ハイビジョン, パンスト・タイツ
女優
本真ゆり

いやらしい体の曲線を強調したお下劣ポーズを見せ付けて、デリ男を自然勃起させ、「ほら見てご覧、チンポムクムクおっ勃っちゃうねぇ」「すぐ勃つチンポ、大好物よ」、ガニ股、M字開脚、四つん這いで緩急つけたスクリューバキュームフェラで、寸止め。デリ男を好き放題に痴女り、自分の欲求が満たされるまで、また寸止め、最後は、脚を揃えて後ろ体重で立ちバック~片脚を椅子に立てて立ちバック~四つん這いバック。

作品レビュー


  • 光沢パンスト

    本間ゆりさんのムチムチなエロボディに黒の光沢パンストに紫のTバックショーツがとてもエロかった。ハイレグは赤の1着のみだが股間に食い込んでいるところや食い込みを強調して撮るアングルなど素晴らしかった。


  • 魅惑のデカ尻に痺れました。

    本真ゆりさんの濃厚な妖艶さはヒシヒシ伝わってきました。RQ着衣で打ち付ける魅惑のデカ尻に痺れました。スイートルームと謳うほどゴージャスな部屋ではなかったが、本真ゆりさんのエロさでカバーです。フェチ度は低いです。ですが、むっちりデカ尻、着衣好きなら結構いけると思います。


  • 最高

    赤ハイレグでの寝バックは最高でした! 騎乗位も高速で素晴らしい


  • 俺たちのミルが帰ってきた!(テカスト)

    ミルと言えばパンスト、パンストと言えばテカテカと言うことでこのメーカーのファンだった方も、ここ数年で長らくその傾向から外れ続けていたので遠のいた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか、最近だとデジタルアークがテカストだと優秀に思っていましたし、他の作品レビューでもミルは見習えみたいなこと書いた気がしますが、監督が代わってついに待ち望んでいたテカテカパンストが帰ってきました。内容はソフトなフェチ作品。黒とベージュのテカストがベースの2つしかコスチュームがないので、シンプルで見やすいですが人によっては物足りないかも。個人的に気になった点は、1人称と3人称視点の混同になってる、男優さんの喘ぎ声とかがちょいちょい入ってる、また本番は2つ目だけなので、少し物足りない作品になっている可能性があります。あと、今後の為に1番改善して欲しい事は破るならもう少しパンストの穴を綺麗に開けといて欲しいってことですかね。とは言え、テカスト作品としてはこういうのを待ってたんだよと言うような、フェチ作品にはなっていたので今後のミルに大きな期待をしていきたいし、してしまいます。出来れば、最後に10分弱のテカストハイレグダンスみたいなのがあるんですが、完全にダンスだけにしてもらえたらと思いました。途中で音楽が消えて、無音でちょっとダンスしながら淫語を言ってくれてるんですが、正直妙にダンスと淫語を欲張ってしまったがゆえにどっちつかずのもったいない感じになってました。だったら10分ずつ、淫語とダンスそれぞれのシーンを追加して欲しいと・・・。あとダンスは全身が映るくらいのアングルで特に顔のアップとか近づかなくていいですし、あくまでカメラの中心は上半身じゃなく下半身のテカストで、テカテカパンストのおっぴろげやがに股、屈伸ダンスをやっててもらいたかったです。フェチ作品である以上、欲張らずに淫語は全カットしてテカストダンスに特化してもらえたら良かったのかなという感想でした。最後に、テカスト好きな方、ムチムチ好きな方、ソフト淫語が好きな方にはオススメ出来るかなと言った感じで、レンタルの数合わせでも十分おススメ出来ると思います。ただ、あくまでソフトフェチ作品であることと、何か今後のプロトタイプ版(いい意味で)みたいな感じが個人的にしたことには注意が必要かと・・・。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次